ネットワークエンジニアは絞り込みも必要

ネットワークエンジニアの仕事とは、一般的には企業内のサーバーやコンピューターをルーター等を用いてつなぎ、LANを経由して双方向の通信ができるシステムを構築することである。

一般的なキャリアパスのゴールは、大規模ネットワーク構築のリーダーになることであろう。
しかし、キャリアパスのスタートラインは、ネットワークエンジニアとしての経験を積んでいくことだ。
そのためには、中小規模のネットワーク構築の経験を積む必要があり、さらに監視や保守といった周辺業務の経験も大規模プロジェクトに参加した時に役に立つはずだ。
そしてスタートラインとしてのネットワーク構築にいかに多く参加していくかという点においては、自分自身の戦略をはっきりさせる方が有利かもしれない。
どんな人間もキャパシティーと持てる時間の限界があるため、自分が取り組むべき項目を絞りどの領域に特化するかということをはっきりさせる必要があるということだ。

例えば、ネットワーク構築は多種多様なメーカーの製品を扱うことになるが、それぞれスキルも違ってくる。そこであるメーカーや一定の製品については負けない知識がある、このスキルに強みがあるというように自分が掘り下げていく領域を絞るのだ。
そうすることで、見えてくるものが違ってくるため、そこで仕事の面白さを感じることができるだろう。
さらに、自分の戦略が当たり仕事が広がっていけば一段と仕事が面白くなってくるはずだ。
そんなネットワークエンジニアになりたいと考えている人へ、こちらをオススメする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です